楽屋裏-講談社地獄篇-

この漫画の作者は魔神ぐり子さんでコミックDAYS連載のエッセイ4コマ漫画です。この漫画の源流は少年ガンガンにて私が子供の頃連載されていた「わくわくマンガ家への道」で、その頃から黒子の担当下村氏とのバトルが描かれていました。それが大体20年くらいたった現在も読めるなんて、しかも毎週読めるなんて嬉しくてなりません。2人とも相変わらず元気なようで何よりです。でも魔神さんの老化ネタが多く、私も年を意識することが多くなっているので切なく感じています。

「楽屋裏」は「コミックZERO-SUM」に始め連載されたのですが、それはエニックス御家騒動という多くの編集者が独立・移籍をし、それに慕う漫画家の方々がついていきごっそりとエニックスの漫画誌から抜けた事件があり魔神さんもエニックスを離れ「楽屋裏」もその影響で始まりました。あの頃私は何も知らずに少年ガンガンなどから漫画が大量に連載終了していて何事かと思ったことを懐かしく思います。「楽屋裏」はその後「楽屋裏-貧乏暇なし編-」に改題され、それが終わり現在はこの「楽屋裏-講談社地獄篇-」が連載されています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする